外壁塗装でキレイな住宅!【業者利用で美人住宅に変身】

電気や水道の悩みも室外工事で解決

外壁塗装の必要性

外壁塗装の必要性とは

新築から10年前後経つと、そろそろ外壁塗装リフォームを考える時期とされています。 確かにこの頃になると外壁に汚れやくすみが目立ってきますが、多くの人はまだリフォームの必要性を切実に感じにくいようです。 しかし、単なる汚れだけに見える外壁も、注意して見てみれば小さなヒビや剥がれがあったり、樋の近くや日当たりの悪い北側などには黒カビや苔を発見することがよくあるのです。 またこの他にも、外壁に手や服などが接触すると白い粉状のものがつくといったケースもよく聞かれます。 実は、これらは全て外壁塗装の劣化を示すサインなのです。 外壁塗装は、ただ家の外観を美しく整えるだけでなく、雨風や汚れた大気、紫外線といったダメージから家を守る役目を持っています。 だからこれが劣化してしまうとダメージを防ぐことができなくなり、雨水等が家の内部に入り込み、やがて床や柱などの構造部が腐食してしまう事態を招く可能性が高くなるのです。 大切な家を守るためにも、これらのサインを発見したらなるべく早く外壁塗装リフォームを考えると良いでしょう。

塗料の選び方について

外壁塗装に使用される塗料は、アクリル樹脂・ウレタン樹脂・シリコン樹脂・フッ素樹脂の4種類が主なものです。 値段はアクリル樹脂が最も安価で、逆にフッ素樹脂が最も高価とされます。 耐久年数は値段と正比例して、アクリル樹脂は5年から7年程、フッ素樹脂は12年から15年程とされていますので、塗料を選ぶ際には値段と耐久性のバランスを考慮することが大切です。 ちなみに、最も使用されているのがウレタン樹脂塗料です。 ウレタン樹脂は耐候性や耐水性に優れ、木造部との相性が良く、耐久年数が7年から10年とちょうどリフォームを考える時期と一致していることから、長年人気を集めています。 しかし、ここ最近シリコン樹脂の人気がそれに迫る勢いです。 シリコン樹脂は塗装膜が硬いため、剥がれやヒビが起こりにくくなおかつ防水性・防汚性が高いとされています。 これらの特徴に加えて耐久年数が10年から13年と耐久性の高さもあり、高品質のわりには価格が手頃なことから、メリットが高いと支持を集めているのです。

Copyright (c) 2015 外壁塗装でキレイな住宅!【業者利用で美人住宅に変身】 all reserved.