外壁塗装でキレイな住宅!【業者利用で美人住宅に変身】

電気や水道の悩みも室外工事で解決

リフォーム工事

リフォーム工事が必要になる時期

屋根のリフォーム工事は、使われている屋根材によって必要となる時期が異なってきます。 たとえば和瓦は非常に強度が高く、20年ほどは良い状態を保ち続けることができます。割れたとしても、その部分のみの交換で済みますし、そうしておくことで大掛かりなリフォーム工事が50年ほどは不要になる場合も多いです。 それに対してスレート瓦は、やや劣化しやすい屋根材です。薄型なので和瓦ほど建物に重みという負担を与えずに済むことから、耐震性の高い住宅にするためによく使われています。しかし薄い分割れやすく、10年ほどで劣化が目立つようになり、リフォーム工事の必要性が生じてきます。 またガルバリウム鋼板は、軽量でなおかつ頑丈なことから、注目されている屋根材です。和瓦の10分の1程度の重さしかなく、それでいて和瓦と同じように30〜50年ほどはリフォーム工事をせずに済みます。

塗装によって時期を遅らせることも可能

このように、屋根の強度は使われている屋根材によって大きく異なっているのです。リフォーム工事が必要かどうかは、実際に屋根を見てみるまでは分かりません。しかしどの屋根材が使われているかを知っておけば、リフォーム工事が必要になるおおよその時期が分かります。その時期が近づいてくるまでは、わざわざ登って調べたりする必要はないのです。 またスレート瓦の場合でも、塗装をしておくことで強度を高め、リフォーム工事の時期を遅らせることが可能になります。交換や葺き替えなどのリフォーム工事をおこなう費用と比べると、塗装費用の方が安いので、リフォーム工事を避けるために数年ごとに塗装をする人は多くいます。外壁の洗浄や塗装も、数年から10年おきくらいに必要になるので、それと一緒に屋根塗装がおこなわれる場合が多いです。

Copyright (c) 2015 外壁塗装でキレイな住宅!【業者利用で美人住宅に変身】 all reserved.